全身の冷え

全身の血液循環に影響を及ぼして冷えの原因になるのは、横隔膜の歪みが考えられます。

心臓から出て横隔膜を通っている、腹大動脈という太い血管を圧迫する横隔膜のゆがみが、全身の血行を悪くします。

心臓を圧迫し、不整脈・動悸などの症状に繋がっていることもあります。

心臓は、全身と肺に血液を送るために一心拍ごとに、筋肉全体が協調して無駄なく働いています。

体に必要な脈拍数がポンプの役割を果たし、全身に血液を循環させることが理想です。

そうなれば、身体の全ての機能が正常に働くきっかけとなって、全身の冷えも改善されるはずです。

さらに全身が冷える低体温冷えの原因・・・