腰痛

腰痛で病院に行っても、骨折脱臼など明らかな異常が見られることは非常に少ないです。

つまり、病院の見方では、レントゲンなどで腰痛となる原因を見つけることは非常に困難ということになります。

そうなると、その原因を何とか視覚的に見なきゃわからないということで、高額なMRIを撮ることになります。MRIでは、椎間板を特に明確に写し出すことができ、今の医学常識の中で整形外科医たちは、腰痛の原因をこの椎間板の変性、異常に関連付けしようと試みるわけです。

都合よく椎間板の変性や異常が発見できれば、これぞとばかりに患者に次のように言うでしょう。

「この椎間板ヘルニアが原因ですね」

しかし、重大な落とし穴があります。
腰痛の原因は腰だけ見てはわからないことがあります。

当院では、たとえ訴えが腰痛であろうと、頭の下からお尻の下までの脊柱(頚椎~骨盤)をすべて疑います。腰の症状であろうと、原因が首にあったり、または骨盤にあったりすることが多々あるからです。

脊柱はひとつの連結体で、どこかに異常があれば、他のどこかに異常がまた出ます。痛い所だけを診ていては改善しない場合もあるのです。
また、脊柱のどこの骨が、どの方向に、どの深さでずれているかを、精度の高いカイロプラクティック検査で探し出します。これは、今の現代医学概念では理解できないことで、カイロのみが可能とすることなのです。

痛みは障害の信号であり
痛み止めを飲んだりするだけでは解決しません

痛みがあるということは、身体がセコムのような警報音を出しているようなもの

警報音が不快だからと、警報だけ切っても、異常は全く解決していません。

多くの方々が、「自分の腰痛は持病」、「年だからしょうがない」、というように考えているようですが、これらは正しくありません。本来、我々人間は、痛みなく快適に過ごせる能力をもっているのです。



痛み自身は、何か故障があるというサインであり、原因ではないのです。ですから、前述のように、痛み自体をなくしてしまえばよいという考え方は正しくないわけです。

では、正しい考え方とは、どういうことでしょうか?それは、痛みの真の原因を見つけ、原因を取り除くことです。

痛みがあるということは、そこに修正しなければならない問題が存在しているということを身体が教えてくれているのです。

ちゃんと応えてあげるか、無視するかで、あなたの将来が変わります

では、正しい考え方とは、どういうことでしょうか?それは、痛みの根本的な原因を見出し、それを除去、修正するという概念です。

根本原因は 首から骨盤までの骨格のずれによる神経圧迫
これを改善しなければいつまでたっても良くなりません


腰痛の原因とは?(次のページ)