寝つきが悪い

 

頚椎の周囲には、自律神経がたくさん分布していて、交感神経を刺激するようなかたちで頚椎がひずんでいると、交感神経優位になり深い睡眠状態に入れなくなり、寝つきが悪くなったり、途中の明け方に目覚めるようなことが起きるような不眠に陥ります。

寝つきが悪い、夜中に目が覚める、眠りが浅い、朝早く目が覚めるなどの不眠状態が、睡眠薬なしで改善へ向かいますので、ご安心下さい。

段々と体調が整い元気で健康になり、振り返ってみれば、様々な体の辛さが消え去っていたという感じになるのが理想です。

自律神経の働きを整えるのには効果的です。
自律神経を整え、不眠体調不良を改善しましょう。