便秘

お通じが良くなくて、排便不良により便秘でお悩みの方は、結構いらっしゃいます。

食べ物が口の中に入った瞬間から、消化吸収は始まっていますが、このスタートとなるのが消化液の一つである、唾液腺から分泌される唾液でその後の消化吸収に多いに関わっています。

この辺から消化が狂っていると、消化不良に陥り消化吸収の最終段階である、不要な物を体外に出す排泄行為が上手く運ばなくなり、排便困難になり、便秘の症状による不快感を味わうことになります。

唾液は、成人の場合には1日に1.5Lも分泌されると言われていますので、

唾液分泌が少ないドライマウスの方は、便が水分不足になりがちになりスムースに排泄しにくくなるのは自明の理で、小唾液腺は5種類、大唾液腺は3種類もありますから、唾液の質も関連してますます良くない結果となります。

このように便秘の原因はもっと奥深いところにあり、

顎のゆがみの位置異常により、顎関節症の辛さとして液腺の分泌が悪化し、質と量ともに異変を来たして、結果として消化吸収→排泄のバランスがくるい、挙句の果ては便秘を起こしてしまうと考えています。

上部頚椎に起きるズレを矯正することにより、頭蓋骨矯正もされてまいります。

その一部分である顎関節の位置も正しくなり、唾液の分泌異常も本来の状態を取り戻して、やがて頑固な便秘の辛さから改善され、快適に暮らせるようになります。