足首の痛み

足の内側のくるぶしの部分に足根管というトンネル状の構造があります。

ここに通っている神経、血管、腱が圧迫されると足底やつま先に違和感、痺れや痛みなどを引き起こすことがあります。足根管症候群といいますが捻挫などの外傷を繰り返したり、不良姿勢や重心のアンバランスによって足首に過剰な体重負荷がかかっている状態が続くと、このような障害がおこる原因になります。

足の関節の動きを整え、神経や血管、腱への圧迫や伸張を改善し、緊張している筋肉や靱帯などの緩和を行っていきます。

神経や血管の圧迫・伸張は進行すると感覚の麻痺や筋肉の萎縮を伴うこともありますので、早期に改善させることが必要です。

足首への持続的な負荷、重心のアンバランスをカイロプラクティックで解消していきます。

すぐに治るというわけではありませんが、アンバランスの解消をしなければなかなか良くなることはありません。