院長のブログ

TOP > 院長のブログ > バンザイして寝る人はヤバい!?

バンザイして寝る人はヤバい!?

両腕を頭よりも上に挙げた状態で寝ている人がいます。

一見、気持よさそうなのですが、実際に健康な人がやってみると・・・

腕がパンパンに張ったり、肩や首が痛くなるなど、具合が悪いことこの上ない状態になります。

何故、無意識のうちにバンザイをして寝てしまうのでしょうか?

 

肩や首、背中などの筋肉が凝っている

呼吸が楽

デスクワークや長時間のスマホ操作など、腕を下にばかり使っていたり、下を向いてると、元に戻そうとして手を上にあげたくなるのではないかと考えられます。

しかし肩が首のコリが解消されるどころか、血行不良などによってさらに筋肉が固くまってしまうため、悪化してしまうと言われています。

肩や首のコリや自律神経の乱れは、単なる姿勢だけの問題ではなく、ストレスが大いに関係していることがあるため、ストレスを感じやすい人もなりやすいそうです。

疲れがとれない

いびきをかきやすい

血行不良になる

 

対策としては、水泳などの両肩を動かす運動や、ヨガなどがいいでしょう。

お風呂に入る時は湯船にしっかりと浸かって、全身を温めることもオススメ。

敷き布団がやわらかすぎる、硬すぎる。また、枕がよくなかったりなど、の寝具による影響も大きくなります。

カイロプラクティック和ではこのような症状を改善するため、肩や首、背中の緊張をしっかりと緩め、正しい寝具の使い方の知識も伝授しています。

ぜひ一度ご相談ください。

2018.06.20 [ お仕事 ]

^