四十肩・五十肩

肩~腕にかけての痛みや、腕が上がらない・・・など動きが制限されてしまう症状が出る症状を総称して五十肩(四十肩ともいいます)。

五十肩の人の場合も、脚の真上に腰の重心が乗っていない姿勢のバランスの悪さであることが考えられます。

そのままではパランスがとれずまともに立っていられないので、重心のバランスをとるために肩と腕を前の方にもってきて筋肉には慢性的に力が入ってコリを作って固定しています。

長年コッて固まっている筋肉は硬い組織になりやすく、何かの拍子に動かした時、固くなった組織は炎症が起きて痛みが発生しやいのです。

「コッて固まっている」と五十肩にもなりやすい、と考えられます。


また、手や手首の痛み、首・腕の痛みが長引く背景にも、姿勢によるバランスの問題が関連している可能性があります。



結局これも身体の歪みからきているものと考えられ、鎮痛剤で炎症を抑えても解決にはならないと思われます